就活セクハラに対する世間の反応まとめ|ホテル勧誘やキス強要などの実体験も

スポンサーリンク

「セクハラ」「モラハラ」などのハラスメントに関するニュースをよく耳にするようになりました。

そして最近新たなハラスメントが注目を浴びています。

それが”就活セクハラ”です。

その名の通り、就活の際に受けるセクハラのことなのですが、これに対しネットでは様々な意見が飛び交っています。

そこで今回は、「就活セクハラ」に対する世間の反応についてまとめました。

就活セクハラとは|面接

先ほどもお伝えした通り、就活セクハラとは就活の際に受けるセクハラのことです。

主に女性が受けることが多く、以下の内容が就活セクハラと言われています。

・何度も個人的に連絡が来る
・内定を餌に交際を申し込まれる
・無駄なボディタッチ
・卑猥な画像や動画を送られる

まだ他にもありますが、今回は面接時の就活セクハラに注目していきます!

面接時の就活セクハラとしては、

・彼氏の有無を聞かれる
・スリーサイズなどの体系に関することを聞かれる
・性的行為を強要される

などがあります。

特に一番下の「性的行為を強要される」なんてほんとに信じられないですよね。

ですが、実際にあるようです。

スポンサーリンク

就活セクハラとは|被害を受けた女性就活生が訴え

2019年12月2日、この就活セクハラに対して、東京都内の学生有志による団体「SAY(Safe Campus Youth Network)」が記者会見を行いました。

彼らは、職場のパワハラ防止指針案について「現実の就活に即した具体的で、実効性のある規定を設けるべきだ」と見直しを訴えました。

SAYのメンバーの1人である女子大生の会見は、12月2日放送の「news zero」でも取り上げられました。

容姿について言及したり、息を吹きかけられたりした人の実体験を語ってくれました。

本当に卑劣で許されざる行為です。

スポンサーリンク

就活セクハラに対する世間の反応まとめ

この就活セクハラ、そして「news zero」での女子大生の会見に対する世間の反応をまとめました!

就活セクハラを許せないという反応

就活セクハラの実体験

 

企業側の考え方についての反応

企業側の気持ちも分かりますし、若者の考え方が多様化してきているのでなおさら大変だとは思います。

だからこそ、面接時の言葉選びには細心の注意を払う必要があります。

同じ内容でも言い方を変えてみたりして、少しでも女性(男性)が傷つかないようにしてほしいと思います。

 

女子大生に対する反応

サングラスをかけていたことに対して批判的な意見がありました。

ですが、女性を擁護する声の方が多かった点は良かったです。

最後の方が言っているように、何気ないツイートでとてもつらい思いをする人がいることを忘れないでください。

スポンサーリンク

就活セクハラに対する世間の反応まとめ|ホテル勧誘やキス強要などの実体験も:まとめ

今回は、「就活セクハラに対する世間の反応まとめ|ホテル勧誘やキス強要などの体験も」についてまとめました。

ハラスメントについては、批判的な意見から、過敏になりすぎているのではないかという意見まで様々ですが、現在の日本の大きな問題であることは間違いありません。

SAYのように学生が頑張っているのですから、政府や政治家がもっと大きな動きをして欲しいと切に願います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です