東関親方(元潮丸)の死因や病気|血管肉腫(がん)で体調が悪かった?

スポンサーリンク

2019年12月14日、東関親方(元幕内・潮丸)が亡くなったことが報じられました。

今回は、東関親方の死因や、今までの病気などについてまとめました!

東関親方(元潮丸)が死去

2019年12月14日、幕内として活躍していた東関親方(元潮丸)が亡くなったことが報じられました。

41歳で亡くなってしまい、あまりにも早すぎる死でした。

生きていたら、きっとこの先も相撲界を大いに盛り上げてくれたことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

東関親方(元潮丸)の死因

東関親方の死因ですが、血管肉腫と報じられています。

血管内に腫瘍ができ、肺や肝臓にまでその腫瘍が転移してしまう恐ろしい病気です。

スポンサーリンク

東関親方(元潮丸)の死因や病気|血管肉腫(がん)で体調が悪かった?

『血管肉腫』というあまり聞きなれない病気で亡くなってしまった東関親方。

昨年の11月から容体は良くなかったようです。

つい先日までは元気な姿も見られたようで、未だに信じられない方も多いでしょう。

つらいのを我慢して元気に振舞っていたのでしょうか。

胸が痛くなります。

スポンサーリンク

血管肉腫(がん)とは

東関親方の死因である、『血管肉腫』について調べてみました。

血管肉腫は、血管に由来する、まれな、通常悪性度の高い間葉系悪性腫瘍であり、すべての肉腫の中で占める割合は 1% 以下である。この疾患の生じる部位で最も多いのは、年配の男性の頭頸部、特に頭皮である。血管肉腫は、おそらく異常な血管新生が起こった結果、血管内皮細胞から生じるものと考えられる。ヒトの血管肉腫においては、血管内皮増殖因子 (VEGF) とその受容体 (VEGFr1-3) の発現が比較的増大していることが、研究により示されている。血管肉腫において最もよく見られる遺伝子変異は、KRAS とその他の RAS の変異である。RAS パスウェイの活性化は、腫瘍原性であることが多い。マウスの不死化された内皮細胞は in vivo で良性の血管腫を形成するが、活性化された HRAS を加えると、急速に成長し、未分化に近い状態の血管肉腫が生み出される。

 

(https://www.genome.jp/dbget-bin/www_bget?ds_ja:H01666)

血管肉腫は分かりやすく言えば”癌(がん)”です。

すべての肉腫の中で占める割合は 1% 以下」ということで、非常に珍しいがんのようです。

 

 

 

 

東関親方(元潮丸)の死因や病気|血管肉腫(がん)で体調が悪かった?:まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です