近藤麻理恵(こんまり)は創価学会ではない!ガセ情報が噂された3つの理由!

スポンサーリンク

片付けコンサルタントとして、世界中で活躍しているこんまりこと近藤麻理恵さん。

特にアメリカでは「Kondoing(意味:片付ける)」と言う新たな単語が登場するほどの人気っぷりです。

そんなこんまりさんですが、創価学会の信者ではないかと噂されているのです。

そこで今回は、こんまりさんが創価学会の信者ではないかと噂れている理由について紹介します。

結論から言うと、創価学会の信者である可能性はかなり低いです!

本題は2つ目の見出しから!

 

近藤麻理恵のプロフィール

名前  :近藤麻理恵(こんどう まりえ)
愛称  :こんまり
生年月日:1984年10月9日(現在35歳)
高校  :普連土学園高等学校
大学  :東京女子大学
職業  :片付けコンサルタント

大学2年時からコンサルティング業を始めたこんまりさん。

大学卒業後は、リクルートエージェントに就職しましたが、2009年に退社し本格的にコンサルタントの道を歩み始めました。

 

そして翌年の2010年に出版した『人生がときめく片づけの魔法』が爆発的にヒット!

王様のブランチ』、『NHKニュースおはよう日本』、『ひるおび!』、『中居正広の金曜日のスマたちへ』などのテレビ番組にも出演するなど、日本でも多くの注目を集めていき、、、

2011年には100万部を超えるベストセラーとなりました!

しかしこんなものではありません。

2019年2月時点で、『人生がときめく片づけの魔法』シリーズは、全世界40か国で累計1000万部を超える世界的大ベストセラーとなったのです!!

現在は2020年3月でさらに1年経過していますので、売り上げもさらに伸びているでしょう。

ちょっと桁が大きすぎて想像しづらいかもしれませんね。

参考までに、『ONE PIECE』を抜く異例のヒットを記録した漫画『鬼滅の刃』を例に挙げてみます!

『鬼滅の刃』は2019年の1年間で累計1205万7628冊の売り上げでした!

『人生がときめく片づけの魔法』は約10年間の総売上とはいえ、『鬼滅の刃』(1年間)と同等に近い売り上げだと言われると、その凄まじさが実感できるのではないでしょうか!

 

日本ではもちろん活躍していますが、実はそれ以上にこんまりさんが活躍しているのがアメリカです。

NetflixではKonMari ~人生がときめく片づけの魔法~』という番組が放送され、こんまりさんは番組内でアメリカの家庭に出向いて片付けを実践!

その様子でさらに人気を集め、なんと新しい単語ができました!!!

アメリカでは「片付ける」と言う意味の英単語は今まで存在していませんでした。

ところが、こんまりさんが”片付けコンサルタント”として活躍したことで「Kondoing」と言う英単語が「片付ける」という意味で使われるようになりました!

日本人の名前をもじった英単語ができるなんて、嬉しい限りですよね!

こんまりさんはとにかくすごい人なんです!

 

そんなこんまりさんを公私共に支えるのが、夫の川原卓巳さん。

元々は人材育成のコンサルティング会社に勤務していた川原卓巳さんですが、すでにその会社を辞めています。

現在はこんまりさんのマネージャーをしており、こんまりさんを全面的にプロデュースしている川原さん。

その仕事内容は多岐に渡っており、川原さんの支えがこんまりさんの現在までの活躍を後押ししてきたことは間違い無いですね!

すでにお子さんも2人おり、まさに順風満帆の夫婦生活と言えるでしょう!

 

スポンサーリンク

近藤麻理恵が創価学会を噂されている3つの理由

世界中で人気のこんまりさんですが、ネットでこんな噂が流れているのを目にしました。

このツイートにもあるように、「こんまりさんは創価学会の信者なのでは?」と噂する人がいるようです。

有名人の方って何かと「創価学会」と関連づけられた噂をされているような気がします。

私の個人的な意見としては創価学会であろうとなかろうとどちらでも構わないのですが、噂される有名人の中には嫌な思いをしている人が大勢いるでしょう。

そこで、こんまりさんが創価学会ではないかと噂されている3つの理由を簡潔にまとめました!

噂の理由①片付けのポイント「ときめき」

1つ目の理由は、こんまりさんの片付け術のキーワードである「ときめき」です。

こんまりさんの片付け術は、まずはじめに断捨離を行うのですが、その際のポイントがこの「ときめき」。

物を持ったり触ったりした時に「ときめくかどうか」を基準に断捨離を行っていくのです。

この「ときめき」が、創価学会の信仰に酷似していることから噂された1つ目の理由です。

噂の理由②聖教新聞に掲載

2つ目の理由は、聖教新聞への掲載です。

どのような内容で掲載されたのかは不明ですが、この聖教新聞は宗教法人である創価学会が発行しています。

その聖教新聞に載ってしまったことが噂された2つ目の理由です。

噂の理由③出身校の名前から連想

3つ目の理由は、出身校の名前です。

プロフィールにもある通り、こんまりさんの出身校は普連土学園高等学校です。

普連土の読み方は「フレンド」で、この名前から創価学会を連想する人がいたようです。

これが噂された3つ目の理由です。

 

スポンサーリンク

近藤麻理恵は創価学会ではない!

こんまりさんが創価学会の信者ではないかと噂されている3つの理由について書かせていただきました。

では、実際のところはどうでしょう。

結論は、、、

噂されている3つの理由か判断すると、こんまりさんは創価学会の信者ではありません!

 

①に関しては、こんまりさんは「ときめき」を片付けのメソッドとして紹介しているだけで、信仰とは全く関係ありません。

また、この考えを布教ししているわけでもありません。

 

②に関しては、聖教新聞に掲載されたからと言って創価学会の信者であるとは限りません。

今まで掲載された人の中にも、創価学会の信者ではない方はいます。

 

③に関しては、普連土学園高等学校は、仏教系創価学会ではなく、クエーカー系のプロテスタントの学校です。

さらに、進学先の東京女子大学もプロテスタントですので、仏教系の創価学会とはかけ離れていますね!

 

ということで、創価学会の信者を噂されている3つの理由はから判断すると、こんまりさんは創価学会の信者ではないと言えます!

補足ですが、こんまりさんは学生時代に神社で巫女のアルバイトをしていました。

しかし、創価学会はそもそも神社の敷居を跨ぐことを良しとしていません。

創価学会信者が巫女のアルバイトなんて絶対にあり得ないので、このことからもこんまりさんは創価学会の信者ではないと断定できます!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「近藤麻理恵(こんまり)は創価学会ではない!ガセ情報が噂された3つの理由!」について書かせていただきました。

まとめると、

・近藤麻理恵(こんまり)は片付けコンサルタントで世界的ベストセラー
・創価学会の信者ではないかと噂されている
・理由①「ときめき」が創価学会の信仰と酷似
・理由②聖教新聞に掲載
・理由③出身校の普連土学園という名前
・学生時代に巫女のアルバイト
・こんまりは創価学会ではない

以上になります!

これを読んだ方は、もし周りでこんまりさんが創価学会の信者だと噂している人がいたら、教えてあげてくださいね!

有名人はこういった噂が耐えなくて大変だと思いますが、気にせずにこれからも頑張って欲しいです!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です