アルコール77の転売は違法ではない!理由は?酒類免許は関係ある?

スポンサーリンク

新型コロナウイルス 対策として有効な手段だと考えられているアルコール

殺菌効果がことで注目が集まっています。

そのアルコールの中でも「アルコール77」と言う商品に注目が集まっているのですが、ここで問題が浮上しました。

マスク不足でも大きな問題となった”転売”です!

今回もマスク同様に「アルコール77」を転売する人が多発しているのですが、転売が違法なのではないかと言う声があがっています。

そこで今回は、「アルコール77」の転売が違法なのかどうかについて調べました。

 

アルコール77の転売ヤーが多発

消毒用アルコールは、新型コロナウイルス対策として多くのお店や公共施設などに設置されました。

その結果、消毒用アルコールが品薄になってしまったのですが、その代用として注目を集めたのがアルコール77です!

アルコール77は、菊水酒造が4月10日に発売した商品で、アルコール度数が77%と非常に高いことが特徴です。

これが消毒用アルコールと同等の濃度と言うことで、消毒・殺菌効果が期待されているのです。

そこで問題となっているのが転売。

近年はアーティストのチケットや流行物などは一瞬で転売ヤーに買い占められてしまうことが問題となっていますが、今回も同様に転売ヤーが猛威を奮っています。
(猛威を振るうのはコロナだけにして欲しいです、、、)

すでにメルカリなどでは、定価の2倍〜7倍程度の値段で転売が行われています。

マスクの時もそうでしたが、世界的な大問題で生活もままならない人が多数出ているのかで、自分の利益だけを優先した身勝手な行動は本当に信じられませんね。

気になるのは、このアルコール77の転売が違法になるかどうかと言うことです。

 

※ここで前提として確認しておきます。

定額以上での転売はそもそも違法です。

昨年転売に関する取締りが強化され、実際に逮捕された案件もありました。

下記では、全て定額で出品することを前提として読んでいただければと思います。

 

スポンサーリンク

アルコール77の転売は違法ではない!

結論から申し上げると、アルコール77の転売は違法ではありません。

ただ、注意すべき点があり、また今後どうなるかは何とも言えません。

次の目次で説明しますね!

 

スポンサーリンク

アルコール77の転売は違法ではない!理由は?酒類免許は関係ある?

違法ではない理由

先ほどお伝えした通り、アルコール77を転売するだけでは、違法にはなりません。

ただ、それにはある条件があります。

 

その条件は、継続的な出品をしていないことです。

つまり、1回や2回の出品なら問題ないと言うことです。

逆に、何度もアルコール77の転売を行うと、違法になります。

この”継続的”と言うのがどの程度か気になりますよね!

ですが、この”継続的”に関して明確な決まりはなく、違法になるかどうかは国税局の判断に委ねられるのです。

もしかすると3回程度でも違法になる場合もあるかもしれないので、転売はできるだけしないほうが身のためですね。

 

酒類免許は関係ある?

この転売が問題になったと同時に、”酒類免許”と言うワードが注目されていました。

酒類免許には様々な種類がありますが、今回の件に関して言うならば、「酒類を販売する資格があるかどうか」と言うことになります。

この資格がある人であれば、酒類の販売は自由に行うことができます。

先ほどの継続的かどうかの話も関係ありません。

ということで、今回のアルコール77の転売と酒類免許との関係をまとめると、

・酒類免許あり…アルコール77の転売は可能
・酒類免許なし…アルコール77の転売は可能だが回数制限あり

以上のようになります。

 

スポンサーリンク

マスクと同様に転売が禁止になる可能性

最後になりますが、酒類免許の有無関係なしに、アルコール77の転売ができなくなる可能性があります。

今回のコロナウイルスが蔓延するまでは、マスクの転売は可能でした。
(スーパーで買えるので、メルカリ等での高額出品はほぼなかったと思います。)

ですが、マスク不足が大きな問題となり、政府が圧力をかけてマスクの転売を禁止にしましたよね!

アルコール77でも同様の措置が取られれば、転売はできなくなります。

もしこのまま転売が大きな問題となれば、この措置が取れられる可能性は高いと思います。

国家の危機ですからね。

 

まとめ

今回は、「アルコール77の転売は違法ではない!理由は?酒類免許は関係ある?」について書かせていただきました!

まとめると、

・アルコール77の転売が多発
・継続的でなければ転売は違法にならない

・継続的かどうかは国税局の判断に委ねられる
・マスク同様に転売禁止になる可能性あり

(※全て定額以下での転売に限る)

以上になります!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です