久米明の死因は心不全で突然死|病気は?場所はどこ?

スポンサーリンク

2020年4月23日、声優や俳優として活躍された久米明さんが亡くなりました。

この記事では、久米さんの死因や持病、亡くなった場所についてまとめました。

声優の久米明が死去|死因は心不全で突然死

2020年4月23日、久米明さんの死をNHKが伝えました。

数多くのテレビドラマや映画に出演したほか、ナレーターや声優としても活躍し、90歳を過ぎても活動を続けてきた久米明さんが23日、東京都内の高齢者施設心不全のため亡くなりました。96歳でした。

久米さんはNHKのバラエティー番組「鶴瓶の家族に乾杯」のナレーションを務めるなど、90歳を過ぎても活動を続けてきましたが、家族によりますと、去年体調がすぐれないことからナレーションを降板し、東京都内の高齢者施設に入っていました。

その後も「いつでも復帰する」と意気込んでいたということですが、23日未明、心不全のため亡くなったということです。

(参照:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200423/k10012402441000.html)

死因は心不全

心臓の機能が低下していたのかもしれませんね。

90歳を過ぎても活動されていたとても元気な方なだけに、信じられません。

本日コロナウイルスで亡くなった岡江久美子さんもそうですが、

死は本当にいつも突然ですね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

亡くなった場所はどこ?

久米明さんが亡くなった場所ですが、

先ほどのNHKの報道に、”東京都内の高齢者施設”とありましたね。

これ以上詳しくは分かりませんが、周りにプロがいたことはせめてもの救いですね。

誰もいない場所で亡くなっていたら尚更悲しみは深かったでしょう。

 

スポンサーリンク

久米明の持病は?

過去の色々な記事を探ってみましたが、久米明さんの病気に関する情報は見つかりませんでした。

報道にもある通り、ご高齢が故の体調不良で、心臓にも影響が出てしまったのだと思います。

95歳まで活動した分、これからは天国でゆっくり過ごしてほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、「久米明の死因は心不全で突然死|病気は?場所はどこ?」について書かせていただきました。

まとめると、

・久米明が心不全で死去
・場所は都内の高齢者施設
・特筆すべき持病はなかった
 (昨年から体調が優れなかった)

以上になります。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です