河井克行前法相の元秘書A氏は誰?名前や顔画像は?罪になる?

スポンサーリンク

河井克行前法相煽り運転を教唆していたとの
報道がありました。

その被害者となったのが元秘書のA氏

秘書A氏がどのような人物だったのか
について調査しました。

今回の煽り運転が罪になるかどうか
も考察します。

 

河井克行が煽り運転教唆|スピード違反の秘書

河井克行前法相が煽り運転を教唆していました。

証拠となる音声動画を公開されています。

▼こちらの記事をご覧ください▼

煽り運転教唆事件!証拠の音声動画あり!

この煽り運転を命令された被害者
元秘書のA氏です。

 

スポンサーリンク

河井克行前法相の元秘書A氏は誰?名前や顔画像は?

元秘書のA氏は中村秀雄さんという方です。

現在78〜79歳で、1999年の4月〜7月の4ヶ月間に
河井氏の秘書を務めていました。

過去には暴行も受けていたとのこと。

河井氏、かなり黒いです。

 

スポンサーリンク

元秘書A氏は罪になる?

この事件によって元秘書A氏は結果的に
50km/hオーバーのスピード違反を犯しています。

音声動画だけでは
スピード違反の証拠にはなり得ませんので
今回の事件で罪に問われることはないでしょう。

ですが、もし同じような立場になった時に
元秘書A氏と同様の行動をとったら
罪に問われるのか気になりますよね。

ということで同じ場面になった時のために
罪に問われるかを考えていきましょう!

 

 

スピード違反は犯しているので
河井氏かA氏のどちらかは罪に問われるでしょう。

まずは煽り運転を教唆した河井克行氏の言動が
”強要罪”に当たるかどうかです。

(強要)

【刑法第223条1項】

生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し
害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、
人に義務のないことを行わせ、
又は権利の行使を妨害した者は、
3年以下の懲役に処する。

脅迫」または「暴行」を用いた場合は罪になるようです。

今回の煽り運転教唆の音声データにおいては
河井氏の「暴行」は分かりません。

では「脅迫」はどうでしょうか。

 

実は「強要」と「脅迫」は定義がよく似ています。

(脅迫)

【刑法第222条】

本人や親族の
生命、身体、自由、名誉または財産に対して
害を加えることを告げて、人を脅迫した場合

大きな違いは「義務のない行為をさせたかどうか」です。

脅しただけなら「脅迫罪」
何らかの行為を無理にさせれば「強要罪」

となります。

 

では河井氏はA氏に無理に煽り運転をさせたでしょうか。

専門家ではないので詳しいことは分かりませんが
答えは”ノー”でしょう。

今回の事件で罪に問われるとしたら
「脅迫罪」になりそうですね!

 

この脅迫罪が認められれば河井氏
認められなければA氏
罪に問われることになりそうですね。

 

以上から出した結論は、、、

煽り運転を教唆されても
できるだけスピード違反はしない

です!

命の危険を感じるまで我慢する必要なないですが
ただ文句を言われるるくらいだったら
無視して録音しておくのが一番良さそうですね!

 

※もう一度言いますが専門家ではありません!

詳しいことが分かる方がいらっしゃいましたら
コメント欄で教えていただけると助かります!

 

スポンサーリンク

まとめ:河井克行前法相の元秘書A氏は誰?名前や顔画像は?罪になる?

河井克行前法相の秘書の情報や罪に問われるか
について書かせていただきました!

まとめると

・河井克行前法相が元秘書A氏に煽り運転教唆
・元秘書A氏の名前や顔画像は不明
・誰が罪に問われるのか

以上になります。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

2 COMMENTS

三石祐

元秘書A氏とは、中村秀雄氏のこと。
2015-2016年頃、実名で暴行されたアザ付きの写真などを週刊誌にリークしています。
その時もこのあおり運転やスピード違反関連の告発をしていたので、
今更なんでこのタイミングで再度?という気はしてますが、まぁ対抗馬か何かの選挙対策でしょうね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です