ディズニー検温対策と引っかかった時の対応は?返金や日付変更はできる?

スポンサーリンク

 

緊急事態宣言を受けて長期間休園していた
東京ディズニーリゾートですが
7月1日から再開しています!

ですが今まで通りの営業とはいかず
営業しないレストランやアトラクションがあったり
その他にも感染症対策が施されています!

入園時の検温も対策の一つ!

せっかく行ったのに検温に引っかかって
入園できないなんてショックですよね、、、

そこでこの記事では
検温に引っかかってしまった時

・どのような対応が取られるのか
・対策する方法はあるか

以上の2点について解説します!

 

対策の仕方によっては
せっかくのルールが無意味になってしまうので
ルールの範囲内で対策する必要があります!

では、ご覧ください!

 

ディズニーの感染対策

ディズニリゾートの感染対策のうち
ゲストが気を付けなければならないのは
以下の4つです!

①入園時の検温
②ソーシャルディスタンスの確保
③常時マスクを着用
④こまめな手指消毒&手洗い

②〜④も非常に重要なことですし
全員が必ず守る必要があります!

ですがみなさんが一番心配なのは
①入園時の検温
ですよね!

ここでアウトなら
そもそもパークに入ることができません💦

しかも今回のチケットは
激しいオンライン争奪戦を勝ち抜いて
手に入れた人が多いはず。

ですから尚更
入園できないなんてことは避けたいですよね!

 

スポンサーリンク

検温に引っかかった!対応は?(返金・日付変更)

検温に引っかかってしまった時にディズニー側がどのような対応をしてくれるのか
についてです!

 

検温をした結果
体温が37.5度以上の人は入園できません。

実際の検温の様子はこんな感じ。

動画を見ても分かるとおり
検温はおでこで行います!
※これ重要です!

検温でセーフだった人は
そのままエントランスゲートに進むことができます。

 

では検温で37.5度以上を叩き出してアウトになったら
どうなってしまうのでしょうか!

検温でアウトになったら以下の順に事が進みます。

①1回目の検温で37.5度以上

②日陰等で少し休む

③2回目の検温

④37.5度以上なら入場不可

③の2回目の検温でセーフなら
もちろん入場する事ができます!

しかし2回目もアウトなら
その段階で入場不可となります。

 

続いて、入場不可となってしまった時の
返金と日付変更についてです!

返金を希望した場合は
その場で返金してもらう事ができます!

日付変更をしたい場合は
自分で手続きをする必要があります!

その場ですぐに日付変更の目処が立たないのなら
とりあえず返金してもらって
日程を調整して再チャレンジする方が
いいかと思います!

 

スポンサーリンク

検温に引っかからないための対策

検温に引っかかってしまったら
前述したようにとても悲しい気持ちで
とぼとぼ帰る羽目に、、、

できればこんな事態は避けたいですよね!

そこで検温対策をお伝えするのですが
その前に理解しておく必要がある注意事項があります!

これを読んだ上で対策の項目に進んでください!

 

検温の注意事項について

本当に具合が悪いなら
絶対に入園してはいけませんよね!

ですが、その日の天気や気温によって
体温が変わってしまうのは事実!

 

もし日差しがとてつもなく強い日に
何の対策もしなければ
体温が上がってしまうのは必然ですね。

ですがディズニー側は、
体温の上昇が体調によるものなのか
それとも気温によるものなのかは
判別できません。

ですからたとえ体調が良くても
検温時に37.5度以上ならば
もう帰るしかないのです。

これはルールであり
このルールがあるからディズニーは開園できています。

このルールが崩れるような事があれば
再度休園になりかねません。

ゲストはこの点を理解した上で
パークに足を運びましょう!

 

検温の対策

では検温に対してどのような対策を取ればいいでしょうか?

 

先ほどの注意事項から考えなくてはいけないことが
ありますよね!

「体調が悪いのに体温を無理やり下げる」

これは絶対にしてはいけません。

今回の検温はおでこで計るので
おでこの部分だけを無理やり冷やして
検温を通過するのは絶対にやめましょう!

ツイッターで「冷えピタ」が話題になっていましたが
案の定炎上していました!

 

ということは、限度を超えない範囲
対策する必要がありますね!

もっと分かりやすく言えば
普通に熱中症対策をしましょう!!

これは無理やりおでこの体温を下げたりしませんし
夏場を凌ぐ上でとても重要なことです!

あらゆる対策がありますが
中でも検温に効果がありそうな対策がこちらです!

①帽子をかぶる
②日傘をさす
③冷感グッズを利用する

 

①帽子をかぶる

帽子をかぶるだけで
直射日光を避ける事ができます!

急激な体温上昇を抑えられるでしょう!

特に首から上には効果があるので
必ず帽子はかぶりましょう!

入園後に脱ぎたいのであれば
リュックやバッグに入る薄めのものがいいですね!

 

 

②日傘をさす

日傘も夏場は必需品ですね!

私は数年前まで日傘なんてさした事がなかったのですが
一度使えばもう離せなくなります!!

それくらい体感温度がグッと下がります
快適に過ごす事ができます!

帽子と併用する事で
さらに効果が高まるでしょう!

また帽子以上に大きさは重要です!

入園後思いっきり楽しむには
折り畳みの日傘がいいでしょう!

【ディズニー好きならこちら】

 


ワールドパーティー(Wpc.) ディズニー日傘 折りたたみ傘 ネイビー 50cm レディース ポーチタイプ プリンセス/遮光メッセージミニ 801-DS056 NV

デザインも色々あるので
好きなものがきっと見つかりますよ!

 

 

③冷感グッズを利用する

冷感グッズ
最近はよく使われるようになりましたね!

普段車を利用しない児童や学生なんかは
日常でも使う場面が多いでしょう!

首の後ろ脇の下太ももなどを冷やすと
体温の上昇を抑える事ができます!

帽子や日傘で十分という人は必要ありませんが
平熱が高い人暑がりな人
持っておくと良いでしょう!

入園後も昼間気温があった時に
これがあるとかなり便利なのでオススメです!

 

※注意

この冷感グッズを使って
おでこを直接冷やすのはNGです!

体全体の体温上昇を抑えるのも目的に使用しましょう!

入園後はおでこどもどこでも冷やしまくってください(笑)

 

【夏の必需品!絶対的オススメ!】


Greatever カンタンに暑中症対策 超冷感タオル 極冷iceタオル ボトル携帯 持ち運び大便利 UVカット ひんやり タオル 運動会 スポーツ アウトドア 夏フェス 炎天下作業など 6色展開 (ブルー)

 

濡らす・絞る・振る
のたった3ステップで冷たくなります!
最強の熱中症対策グッズです!

 

 

スポンサーリンク

まとめ:ディズニー検温対策と引っかかった時の対応は?返金や日付変更はできる?

ディズニーの検温で引っかかった時の対応
検温対策をご紹介しました!

【まとめ】
・ディズニーの検温はおでこで計る
・37.5度以上でアウト
・2回アウトになると入場不可
・無理やりおでこを冷やすのはNG
・検温対策は熱中症対策!

以上になります!

万全の準備をして
ディズニーを思いっきり楽しんでください!

 

ここまでお読みいただき
ありがとうございました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です