ダブルダブルの条件やすごさを解説!八村塁が開幕戦で達成【バスケ】

スポンサーリンク

日本時間2019年10月24日。

この日は、日本のバスケ界にとって歴史的な日となりました。

NBAの『ワシントン・ウィザーズ』に所属する【八村塁】選手が、開幕戦且つNBAデビュー戦で「ダブルダブル」を達成したのです!

今回は、この「ダブルダブル」について調査しました!

達成条件や、達成することのすごさについて解説していこうと思います!

八村塁がNBAデビュー戦でダブルダブルを達成!

世界最高峰のバスケットボールリーグであるNBAに、今年6月のドラフトで全体9位で指名された【八村塁】選手。

この時点で既に、偉業を達成したと言ってよいでしょう。

しかし、八村選手の快進撃はまだまだ続きます!

そしてついに10月24日!

この日は八村選手が所属する『ワシントン・ウィザーズ』の開幕戦の日でした。

八村選手は何と先発で出場!

ウィザーズのヘッドコーチは、「塁は自らスタメンを勝ち取った」と語っています。

 

そして待ちに待ったティップオフ!

八村選手の待望の初得点は、試合開始から2分35秒たった場面でした!

エンドライン際でボールを貰うと、ドリブルをつきながら相手に体を当て、ゴール下に潜り込みます。

ポンプフェイクを入れ、最後は少し後ろに下がりながらしっかりとシュートを決めました!

デビュー戦の試合開始直後に、これだけ落ち着いたプレーができるところが八村選手のすごさだと感じました!

その後も得点を重ね、さらにリバウンドにもどんどん絡んだ八村選手。

試合は100-108でマーベリックスに負けてしまいましたが、

八村選手は24分間の出場で、14得点10リバウンド0ターンオーバーフィールドゴール成功率46.7%というスタッツに!

なんとデビュー戦で「ダブルダブル」を達成してしまいました!!!(笑)

ある程度の活躍は期待していましたが、ここまで活躍するとは予想していませんでした!

本当に素晴らしいです!

スポンサーリンク

「ダブルダブル」を達成する条件を解説!「トリプルダブル」や「クアドラプルダブル」も

「ダブルダブル」の達成条件

この試合で八村選手が達成した「ダブルダブル」ですが、バスケをあまり知らない人は「何それ?」って思う人もいるでしょう!

また、何となく知っていても、詳しい達成条件は知らない人もいると思います!

デビュー戦の活躍を見る限り、八村選手は今後も「ダブルダブル」を何度も達成してくれることと思いますので、ここで達成条件を詳しく解説したいと思います!

~「ダブルダブル」の達成条件~

【得点】【アシスト】【リバウンド】【ブロック】【スティール】の5部門のうち、2部門2桁を記録。

2桁以上、つまり10以上の記録を2部門で達成すれば、「ダブルダブル」となります!

デビュー戦の八村選手は、14得点、10リバウンドでしたので、【得点】と【リバウンド】の2部門で2桁を記録したので、「ダブルダブル」ということになりました!

2部門はどの組み合わせでもよく、【得点】と【ブロック】、【アシスト】と【スティール】などでも、もちろん「ダブルダブル」となります!

ちなみに、【得点】と【リバウンド】、もしくは【得点】と【アシスト】の組み合わせがほとんどです!

【ブロック】と【スティール】は、1試合で2桁記録するのは至難の業ですからね!

「トリプルダブル」や「クアドラプルダブル」も存在

勘の良い人はお気づきかもしれませんが、「ダブルダブル」があれば、もちろんその上もあります!

先ほどの5部門のうち、3部門で2桁を記録すると「トリプルダブル」4部門で2桁を記録すると「クアドラプルダブル」となります!

「トリプルダブル」に関しては、日本のBリーグでは達成されることは少ないですが、NBAでは珍しくありません!

現に、『ヒューストン・ロケッツ』に所属する【ラッセル・ウェストブルック】は、シーズンの平均スタッツでトリプルダブルを達成しています!

まあ彼は化け物ですのであまり参考になりませんが、、、(笑)

「クアドラプルダブル」に関してですが、こちらはNBAでも歴代で4人しか達成したことがない、まさに偉業と呼ぶべきものです。

先ほどもお伝えした通り、【ブロック】と【スティール】が難しいのです。

ちなみに、5部門すべてで2桁を記録すると、「クィントプルダブル」となりますが、こちらは未だ一人も達成したことがありません

スポンサーリンク

ダブルダブルを達成するすごさを解説

では、今回八村選手が「ダブルダブル」を達成したことは、実際すごいことだったのでしょうか?

結論から言うと、”かなりすごい記録”と言えるでしょう!!!

まずはこちらをご覧ください!

こちらは、各チームの開幕戦でのルーキーたちの活躍です!

ドラフト1位の【ザイオン・ウィリアムソン】こそ怪我で出場していないものの、

同2位の【ジャ・モラント】同3位の【R・J・バレット】ですら、「ダブルダブル」を達成していません!

そんな中、同9位の【八村塁】選手が、多くのルーキーの中で、ただ一人達成したのです!

もちろん、NBAでは毎試合のようにように「ダブルダブル」を達成する選手が現れると言っても過言ではありません。

ですが、ルーキーが、しかもデビュー戦「ダブルダブル」を達成したのは、「すごい!」としか言いようがありません!

 

補足ですが、「ダブルダブル」だけがすごかったのではありません!

もし、「ダブルダブル」を達成できても、個人プレイが多すぎたり、ターンオーバーを何度もしたのでは、良い成績とは言えません。

ですが、今回の八村選手は、フィールドゴールの成功率が46.7%とまずまずの数字。

そして、24分間出場しながら、ターンオーバーが0というのが素晴らしかったです!!!

今回はスリーポイントシュートが3本すべて外れてしまったので、今後はそこにも期待したいです(^^)

スポンサーリンク

ダブルダブルの条件やすごさを解説!八村塁が開幕戦で達成【バスケ】:まとめ

今回は、「ダブルダブルの条件やすごさを解説!八村塁が開幕戦で達成【バスケ】」についてまとめました!

まだ八村選手の伝説は始まったばかりです!

これからのさらなる飛躍を期待しています!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です